断面修復の施工方法

断面修復とは、読んで字のごとく劣化したコンクリートの断面を修復する工事です。外観調査、打診調査などを行い、コンクリートの剥離や剥落の原因を確認した上で修復を行います。志馬建設ではモルタルポンプを用いた「吹付け工」を行っております。

断面修復工法とは

断面修復工法は、コンクリート構造物が劣化により元の断面を喪失した場合の修復や、中性化、塩化物イオンなどの劣化因子を含むかぶりコンクリートを撤去した場合の断面復旧を目的とした工法です。

施工対象箇所

  • ●桟橋の劣化補修
  • ●高架橋の欠損部補修、増厚補強
  • ●水処理施設の補修 etc
  • ●水路の補修
  • ●トンネル内の欠損補修

吹き付けとは

従来、左官による手作業で行われていた修復作業を特殊ポンプ等を用いて行います。修復材の緻密性や付着力等、特性を最大限活かせる工法であり、コンクリートの補修工法のひとつであります。

吹付機材

吹付機材

志馬建設では、現場状況に合わせてモルタルポンプやリングガンを選定します。また、オリジナルポンプ、リングガンの製作も行い、万全の体制で施工いたします。

梁断面の補修

梁断面の補修

特殊モルタルを用いた内面防食

特殊モルタルを用いた内面防食

梁断面の補修

特殊モルタルを用いた内面防食

特殊モルタルを用いた内面防食