コンクリート補修とは

トンネルや道路、ダム、防波堤などに多く活用され、建造物に欠かすことのできないコンクリート。こちらのページではコンクリートの寿命や劣化要因などの基礎知識をご紹介します。

コンクリートの寿命

コンクリート耐久年数は30~50年程度。ただし、ひび割れや亀裂から浸水すると、耐久年数より早く劣化してしまうこともあります。

コンクリートの劣化要因

中性化

コンクリート内のアルカリイオンと二酸化炭素が結合すると、アルカリ性だったコンクリートが中性へと変わります。中性化することで、塩化物イオンが侵入しやすくなり、錆びやすくなります。

凍結融解

コンクリート内部の水分が氷になり体積が膨張し、中から割れてしまう現象です。寒冷地などで多く発生します。

表面の摩耗・衝撃

水流によってコンクリートの表面が削られる現象です。表層部から鉄筋部分までの厚みがなくなり、水流によって運ばれた石があたるなどの衝撃により鉄筋が露出するケースもあります。

乾燥

コンクリートは、乾燥すると体積が減少し固まるという性質があります。そのため、水分が蒸発する炎天下や湿度の低い寒冷条件下など乾燥しやすい状況にさらされ続けることで劣化を招く恐れがあります。

施工不良

現在の工事ではほとんど見られませんが、高度経済成長期などは打設が甘い現場も多くありました。このような現場で作られたコンクリートは、内部に空隙が多くなり、劣化が早まります。

PICK UPコンクリートは穴だらけ?
コンクリートの内側には「毛細管空隙」とよばれる小さなすき間が多数あります。そこから、水や酸素、二酸化炭素、塩化イオンなどが入り込むことで、劣化が 進行します。中でも、劣化を引き起こしやすいのが「水」です。水が直接的な原因になることもありますし、劣化を招く化学反応を起こすこともあります。